Auto >> 自動車技術 >  >> 電気自動車
  1. 自動車修理
  2. カーケア
  3. エンジン
  4. 電気自動車
  5. オートパイロット
  6. 車の写真

電気自動車 – 購入者向けの決定的なガイドとヒント

英国での電気自動車の販売は、最近劇的に増加しています年。 2022 年 6 月の時点で、英国の道路には推定 477,000 台の純粋な電気自動車がありました。しかし、多くのドライバーにとって、電気自動車は自分に適しているのかという疑問が残ります。

Energy Saving Trust の協力を得て、電気に移行するかどうかを決定するのに役立つこのバイヤーズ ガイドを作成しました。

電気自動車とプラグイン自動車の種類

初めて電気自動車を検討している場合、直面している用語に戸惑うかもしれません。市販されている電気自動車の種類の概要は次のとおりです。

<オール>
  • 電気自動車 (EV)
  • バッテリー式電気自動車 (BEV)
  • プラグイン ハイブリッド (PHEV)
  • ハイブリッド (HEV)
  • マイルド ハイブリッド電気自動車 (MHEV)
  • 航続距離延長型電気自動車 (RE-EV)
  • 水素燃料電池車 (FCEV)
  • これらの車両の詳細については、さまざまなタイプの電気自動車のガイドをご覧ください。

    利用可能な EV は?

    利用可能な車両の数が急速に増加し、ほぼ毎週のように新しいモデルが発売され、EV にとってエキサイティングな時期です。

    おそらく私たちの道路で見たことのある人気のあるモデルには、アウディ E-tron、BMW i4、シトロエン e-C4、フィアット 500e、フォード マスタング マッハ E、ヒュンダイ Ioniq 5、ホンダ e、ジャガー I-Pace、起亜 e- などがあります。 Niro、Mazda MX-30、Mercedes-Benz EQA、Mini Electric、Nissan Leaf、Peugeot e-208、Polestar 2、Porsche Taycan、Renault Zoe E-Tech Electric、Skoda Enyaq、Tesla Model 3、Vauxhall Corsa-e、Volkswagen ID .3 とボルボ XC40 リチャージ。

    ここでは、最新の電気自動車、ハイブリッド車、プラグイン車のレビューをすべて最新の状態で見ていきます。中古の EV、ハイブリッド、PHEV もレビューします。

    英国には電気自動車が何台ありますか?

    「Road to Electric」ページでは、英国での EV の採用を追跡しています。道路を走っている電気自動車の数を、上記のさまざまなタイプに分類しています。

    電気自動車購入ガイド


    EV はどこで購入できますか?

    新しい EV は、従来の自動車と同じように、自動車販売店から購入するか、リース会社を通じてリースすることができます。

    テスラは、従来のディーラー ネットワークを持たず、ほとんどの販売がオンラインであるという点で例外です。他のメーカーもこの販売モデルを検討しており、すでにオンラインで車を販売しています.

    中古の EV は、フランチャイズや個人のディーラーなど、従来の自動車販売店を通じて購入することもできます。

    中古の EV を購入する場合は、電気自動車承認 (EVA) スキームを通じて EV の知識と卓越性が認定されている小売業者を探してください。

    このスキームは、National Franchised Dealers Association によって運営されており、小売業者を監査する Energy Saving Trust と政府のゼロエミッション車局によって承認されています。

    初期費用

    技術に魅了されて電気自動車を購入する人もいれば (Tesla の所有者の皆さんを対象としています)、「環境に配慮する」という倫理的な欲求に基づいて決定を下す人もいます。

    しかし、私たちのほとんどにとって、電気自動車は経済的に理にかなっている必要があります。つまり、コストを考慮する必要があります。

    電気自動車の価格は?

    EV は一般に、ガソリンやディーゼルの競合他社よりも購入コストが高くなります。しかし、燃料、税金、メンテナンスのすべてが一般的に大幅に安いため、EV のランニング コストは低くなります。

    英国で現在入手可能な最も安価な新しい EV は、政府が資金提供する購入助成金が差し引かれると、約 21,000 ポンドから始まります。中古の EV は、英国では 4,500 ポンドから購入できます。

    従来の車と同様に、中古車を購入する方がはるかに安価なオプションですが、バッテリー寿命がわずかに低下する可能性があることを考慮する必要があります.そして、新しいバッテリーを購入することは、償却とほぼ同じです。

    一般的にEVのバッテリーは寿命が長く、劣化も少ない。ただし、何年も経つと容量と航続距離が徐々に減少します。 EV のバッテリー寿命について詳しくは、こちらをご覧ください。

    純粋な電気自動車の中古販売は、ガソリン モデルやディーゼル モデルよりもはるかに少ないため、選択肢に困ることはありません。

    日産リーフは最も一般的に使用されている EV で、ルノー ゾーイがそれに続きます。

    電気自動車のリースは、多くの場合、乗り換えを考えている人にとってはるかに手頃なオプションです。その理由については、EV リース ガイドをご覧ください。

    電気自動車の価格


    ガソリン車やディーゼル車と同じように、電気自動車の価格は、ルノー ツイジーの 14,000 ポンド未満から、最高仕様のポルシェ タイカンの 160,000 ポンド近くまで、大きく異なります。

    以下に、3 つの予算レベル内での新しい電気自動車の概算価格を概説します。ただし、選択したものが政府の助成金の対象となるかどうかを確認してください。

    上位 EV:

    おおよその価格
    テスラ モデル X £99,000
    テスラ モデル S £92,000
    アウディ E-トロン GT £82,000
    BMW iX £76,000
    ポルシェ タイカン £73,000
    メルセデス EQC £66,000
    ジャガー I-Pace £65,000
    アウディ E-トロン £61,000
    ボルボ C40 リチャージ £58,000
    BMW i4 £52,000
    ボルボ XC40 リチャージ £50,000

    ミッドレンジ EV:

    おおよその価格
    メルセデス・ベンツ EQA £45,000
    アウディ Q4 スポーツバック E-Tron £42,000
    テスラ モデル 3 £41,000
    Audi Q4 E-Tron £40,000
    ヒュンダイ イオニック 5 £37,000
    BMW i3 £34,000
    テスラ モデル Y £35,000 (予想)
    テスラ サイバートラック £35,000 (予想)
    フォルクスワーゲン ID.4 £35,000
    キア ソウル EV £33,000
    シトロエン e-C4 £31,000
    Kia e-Niro £31,000
    ヒュンダイ イオニック £31,000
    プジョー e-2008 £31,000
    ヴォクソールモッカ絵 £30,000
    フォルクスワーゲン ID.3 £30,000
    ホンダ e £28,000
    ヒュンダイ コナ £28,000
    プジョー e-208 £28,000
    ルノー ゾーイ E-テック エレクトリック £28,000

    電気自動車の道路税

    2017 年 4 月に車両物品税 (VED) の税率が変更された後、ゼロ エミッション車は英国の「道路税」から免除されます。

    また、EV は現物支給 (BiK) の社用車税の税率がはるかに低く、2021/22 年の社用車税の最低 1% 帯に収まります。

    電気自動車助成金

    Office for Zero Emission Vehicles (OZEV) が管理する政府助成金は、以前はすべての EV に適用されていました。

    ただし、2021 年 3 月以降、定価が 35,000 ポンド (オプションを除く) 未満の EV のみが 2,500 ポンドの助成金の対象となります。

    乗り物 最大助成金
    電気自動車 £2,500
    電動自転車/原付 £1,500
    小型電動バン £3,000
    大型電動バン £6,000
    タクシー £7,500
    トラック £16,000
    プラグイン ハイブリッド 不適格

    EVディーラーが申請して助成金を受け取るので、車を購入する場合は何もする必要はありません。

    それでも、EV 購入の経済性を考慮している場合は、ディーラーが提示する価格には、ほとんどの場合、助成金の価値が既に差し引かれていることを覚えておいてください。

    自宅に電気自動車の充電器を設置するには、いくらかかりますか?

    家庭用充電ポイントの一般的な費用は約 800 ポンドです。自宅で電気自動車を充電するガイドの完全な概要は次のとおりです。

    電気自動車ホームチャージ スキームの下で、OZEV は現在、このコストの最大 75% の助成金を提供しており、最大助成金は £350 に制限されています。

    EV充電


    電気自動車の充電は、自宅、職場、または公共の充電ポイントで行うことができます。

    しかし、EV 充電の世界は複雑な場合があります。さまざまなレート、充電速度、電圧、バッテリー サイズ、範囲、およびコネクタがあります。

    電気自動車の充電のしくみ、料金、所要時間に関する詳細なガイドをご覧ください。

    電気自動車の範囲

    新しい EV の航続距離は通常 150 から 300 マイルですが、古い EV の航続距離は 100 マイル程度です。

    ここで電気自動車の範囲に関する完全なガイドをお読みください。

    電気自動車のバッテリー寿命

    Electric car batteries should last for around 10 years, but battery capacity will decline with age and use.

    However, battery life improves in-line with technology. As the industry evolves, the lifespan of a battery will continue to improve. This guide on EV battery life, breaks down all you need to know about looking after your electric car.

    The cost of replacing batteries probably won’t prove economical as the car gets older. This may mean that an EV’s life-span is shorter than that of a combustion-engined vehicle.

    Read more in our full guide on how long EV batteries last.

    EV environmental impact

    With no tailpipe emissions, electric cars contribute to reducing pollution in cities.

    Non-tailpipe emissions such as brake dust and tyre particles will still be a factor, although the scale of their impact is still under investigation.

    For more, read our full guide to the environmental impact of electric vehicles.

    Driving an EV


    The first thing you’ll notice when driving an electric car is the silence.

    The lack of a gearbox means acceleration is smooth and seamless. And because they produce maximum torque from a standstill, even basic models are quick off the mark.

    Apart from a faint hum when accelerating, the only noises come from the wind and tyres.

    Gears in all EVs are automatic, while regenerative brakes slow the car when you lift off the accelerator to top up the batteries. Some cars even have ‘one-pedal’ settings or technology. This means that when you lift off the accelerator, the regenerative braking is much more severe – so you can roll to a stop at a junction and rarely need the brakes at all.

    EV performance

    Electric motors produce their peak pulling power straight away, so there’s no need to rev the motor for swift acceleration, unlike in a conventional car.

    Car manufacturers have more flexibility when it comes to packaging electric drivetrains. Mounting battery-packs close to the floor to lower the centre of gravity means EVs often handle well, too.

    Electric car safety

    Many electric cars are based on conventional petrol/diesel models, so there is no big difference in EV safety compared to internal combustion engine-powered cars.

    The number of purpose-built EVs is growing, and the ability to package components more creatively (such as fitting batteries beneath the floor) allows for more effective crash structures.

    Euro NCAP conducted its first crash test of a pure electric vehicle in 2011, when the Mitsubishi i-MiEV was awarded a four-star rating.

    Since then, several other popular EVs have been awarded five-star safety ratings from Euro NCAP.

    Does an electric car suit you?


    Right now, EVs are best suited to city-dwellers or suburbanites who commute less than 100 miles a day. That’s because the existing charging infrastructure is far more developed in cities than in rural areas.

    However, this is changing - and with the government announcing new funding to expand its charging network - it is becoming a lot more convenient to drive an EV.

    EVs are slightly more expensive to buy - both new and used - however, with 2030 fast approaching and the cost of fuel rising, there are many other advantages of owning an EV.

    With the benefits of owning an EV increasing, now is the time to think about making the switch.

    Are you sold on EVs? Perhaps you're already the proud owner of an electric car? Let us know in the comments below.

    People also ask:

    • What are the Government’s targets for EVs?

      The UK Government’s targets (clarified in a 2018 Government publication called Road to Zero) are to end the sales of conventional petrol and diesel cars and vans by 2035, by which time all cars and vans sold will have “significant zero emission capability”. This terminology would allow the sale of plug-in hybrids with a significant electric-only range. However the targets also state that by this year “most” cars and vans sold will be zero emission e.g. pure electric or perhaps hydrogen fuel cell rather than hybrid or plug-in hybrid. By 2050 the target is for “almost every car sold” to be zero emission.

    • Are EVs only suitable as second cars?

      A few years ago this may have been the case but today many new EVs –even the more affordable models - have ranges in excess of 250 miles per charge so for many people EVs are become a practical option for a first or only car. Most EV owners do also own a petrol or diesel car but in many cases the thinking has been reversed so that the EV is considered to be the first car with a petrol or diesel, often an older vehicle, as a backup for the occasional long journey.

    • Do you need a special driving licence for an EV?

      No, you can drive an EV on a normal driving licence for that category of vehicle.

    • If you pass your driving test in an EV, can you drive a petrol or diesel vehicle?

      Since EVs don’t have gears, if you pass your driving test in an EV you can drive a petrol or diesel but only an automatic.

    • Are EVs only suitable for urban driving?

      No, EVs will cruise effortlessly at motorway speed and many, especially newer models, have ranges of 200 to 300 miles.

    What are the Government’s targets for EVs?


    The UK Government’s targets (clarified in a 2018 Government publication called Road to Zero) are to end the sales of conventional petrol and diesel cars and vans by 2030, by which time all cars and vans sold will have ‘significant zero emission capability’.

    This terminology would allow the sale of plug-in hybrids with a significant electric-only range, although these will also be banned from 2035.

    By 2050, the target is for ‘almost every car sold’ to be zero emission.

    Are EVs only suitable as second cars?

    A few years ago maybe, but today many new EVs have ranges in excess of 250 miles per charge and are a practical option for a first or only car. Most EV owners also own a petrol or diesel car, but many consider the EV to be the first car, with the combustion-engined car as a back-up for occasional long journeys.

    Do you need a special driving licence for an EV?

    No, you can drive an EV on a normal driving licence for that category of vehicle.

    If you pass your driving test in an EV, can you drive a petrol or diesel vehicle?

    Since EVs don’t have gears, if you pass your driving test in an EV you can drive a petrol or diesel car, but only an automatic.

    Are EVs only suitable for urban driving?


    No, EVs will cruise effortlessly at motorway speeds and many, especially newer models, have ranges of 200 to 300 miles.

    The RAC is leading the way when it comes to supporting drivers in the switch to electric vehicles.

    An ever-increasing number of our patrol vans have built-in emergency mobile charging systems capable of giving an out-of-charge electric car enough power to be driven a short distance home or to a working chargepoint, while our All-Wheels-Up recovery system allows our patrols to safely rescue electric cars with no need for a flatbed.

    Find out more about the RAC’s electric car breakdown cover.


    カーケア

    ライド用のホイールとアクセサリーをアップグレードするためのガイド

    カーケア

    あなたの車でしてはいけない30のこと

    自動車修理

    あなたのエンジンは熱くなっていますか?状況に対処する方法は次のとおりです

    カーケア

    米国で最も燃費の良い車トップ10